光脱毛とニオイ

実際の脱毛ユーザーから聞いた話ですが、光脱毛やレーザー脱毛の施術をエステサロンや医療クリニックで受けた人が、ワキガになったというのを聞きました。

その女性は二十歳過ぎの女の子で、もともとワキガなどはなく体臭がどうこう気になる体質ではまったくなかったそうです。

それが、光脱毛を一度受けて2回目を受けるまでの2ヶ月ほどの間に、少しずつわきからニオイが出始めたそうです。季節はしかも冬だから、汗ばむ季節ならいざしらず汗の量のせいだとも考えにくいです。そのうえ、冬場とくに暖房もまだいらないぐらいの時期にもかかわらず動かず座っているだけでわきからどんどん汗が出てくるようになったとのことでした。

とくに2回目の光脱毛を受けてからさらに汗の量も増えたようで、ワキガのニオイも自分でもわかるほどになったらしいです。

聞いているだけでつらそうな悩みですが、ほかにも何人かのこうした経験者がいました。

ごく少数のようですが、わきの脱毛をすると人によってわき汗が増える人がいるようです。
医師によると、「脱毛とわき汗との関係は考えにくく普通は汗腺がふさがっていくのでその他の原因だろう」というのがよくある回答のようです。

でも実際にそうした悩みを持つ人によると、一年中汗わきパッドが欠かせなかったり、ニオイを抑えるために制汗スプレーが欠かせないという人もあるようです。

もちろん、ワキガや多汗症はある程度遺伝もあると思うので、光脱毛がきっかけとなってニオイが出始めたということもあるでしょう。

このように、光脱毛がすぐにワキガの原因になったとはいえないようですが、もともとムダ毛は人間の弱いパーツの保護機能のために残されているのだと思うと汗が出やすくなるのだと考えられます。全身脱毛なら、キレイモを予約しましょう。

このあたりについてどうしても心配がある人は、専門医が提携してサポートを行っている脱毛サロンを使い、初回カウンセリングにおいて疑問をクリアにしておくようにしましょう。

 

脱毛サロンでミュゼをおススメする理由!

最近の脱毛ブームのせいでしょうか、脱毛サロンの店舗が、ここ最近非常に増えてきました。
ミュゼのように大手と呼ばれる有名な脱毛サロンも増えてきていますし、地域密着型の中小、個人経営の脱毛サロンも増えてきているようですね。

このような脱毛サロンが乱立する中、ミュゼプラチナムをおススメする理由は、「安心・信頼のあるお店」だからです。

thumb_musee-pla_com
その証拠として、新規契約顧客の3割がお友達等の紹介によるものですし、会員数が186万人(2013年12月末現在)という数字にも表れています。

また、お友達等から紹介を受けても、脱毛という個人差のあるお肌と施術の相性は、実際に施術を受けてみないとわかりません。だから、「取り敢えず両ワキ脱毛にでもトライしてみて、様子をみてみたい」というのが本心でしょう。

その様な心境の中、「両ワキ脱毛が〇〇〇円、満足いくまで何回でも!」というミュゼの格安キャンペーンが利用できれば、安心ですよね。
格安のキャンペーンだからと言って、手抜きなどは一切ありません。

施術が自分に合わないと思えば、途中で中止すればいいですし、脱毛の仕上がり具合に満足できれば、他の部位の脱毛をお願いするかどうかは、あなたの意思次第。予算に余裕が無ければ、そのキャンペーンを受けて終了しても何ら問題はありません。

勧誘をすることなく、お客様の意思に任せるというミュゼの「待ち」の姿勢は、強引な勧誘が多いと思われがちな脱毛サロン業界にとっても、非常にインパクトがあると思います。

「最高のサービスを適切な価格で提供する」というミュゼの姿勢、そして「安心と信頼のあるお店」は、消費者にとっては非常に重要ですよね。

 

ところで、九州最大の都市福岡市には、多くの大手の脱毛サロンが進出しています。ミュゼ福岡店だけでも、既に5店舗がオープンしているんですよね。他に福岡県内ですと、北九州、直方、そして筑紫野にもお店があります。

大手脱毛サロンに中でも、これほど福岡県内に店舗をオープンしている所は無いのではないでしょうか。しかも、ミュゼは非常に評判が良いので、早く予約しないと予約が取れないかも。実は、予約の取り辛い脱毛サロンとしても、知られています。特に繁忙期と言われる5~7月末にかけては、非常に予約が取り辛いようです。

 

 

VIO脱毛って、どうなの?

VIO脱毛を受けてみたいという女性が、近年とても増加傾向にあります。

062376s

VIOとは女性のデリケートゾーンのことを指しており、ハイジニーナ脱毛としてもよく脱毛サロンのメニューに見かけるものとして、認知度が高まっています。
もちろん、VIOゾーンの脱毛といっても、かなり前からビキニラインのケアは女性なら気をつけているパーツではないでしょうか?

夏場の海水浴シーズンはもとより、一年を通してプールを利用する機会も増えているほか、そもそもどんなときでも大切なパートナーとの時間をしっかりとしたケアをしたうえで臨みたいという気持ちは、女性であればごくナチュラルなことです。

ビキニラインは、カミソリを使えばセルフケアでも十分に対処できるパーツといえますが、それでもデリケートゾーンだけあって、皮膚も敏感で痛みに弱かったり刃先によってトラブルを受けやすかったりというリスクが伴います。そのうえ、IラインやOラインといった自分では鏡を使っても見えづらく、処理する手の角度からいっても厳しいパーツともなれば、自分では無理に処理するのはケガの可能性も高くて、おすすめできるものではありません。

VIO脱毛が、ますます女性のムダ毛の処理として当たり前となっているなか、エステサロンに通ってプロのエステティシャンにお任せするのがベストな方法と考えられます。
VIOゾーンにムダ毛があるままにしておくと、見た目の問題だけでなく、衛生面でもマイナスな状況を作り出すおそれがあります。日頃の排泄物や生理のおりものなどがムダ毛に付着したままでは、雑菌が増殖しやすいため、できるだけ清潔にしておくことが肝心です。そんなとき、VIOラインのムダ毛があるとないのとでは、ケアの手軽さも大きく違います。

脱毛サロンなら、日常的にデリケートゾーンの施術も行っているので、安心してお願いできます。
もしすでに自分で処理するなかでトラブルを抱えていたり、以前トライして心配な点があるのなら、無料カウンセリングで詳細に不安点を相談しておきましょう。